畑の草刈りについて|草刈り機や道具のご紹介&休耕畑の雑草対策

畑にたくさん雑草が生い茂っていると、害虫や臭い、アレルギーなどが発生して、周りの住民に迷惑をかけてしまうことがあります。また雑草の種類によっては、繁殖力が高いものや、駆除がむずかしいものなど、さまざまなタイプが存在します。生い茂った雑草は、基本的に草刈り機を使って刈り取るとよいでしょう。

本コラムでは、畑の草刈りをする時期や雑草の種類、草刈り機や手作業で雑草を刈り取る方法、刈り取った後の雑草の処理方法などをご紹介していきます。畑の雑草に悩まされている方は、ぜひ参考にしてみてください。

草刈り・芝刈り・草むしりのお悩みは何でもご相談ください。

0120-949-868 メールで相談する

【休耕期間】畑の草刈りについて

ここでは、休眠期間における畑の草刈りについてご紹介してきます。畑にたくさんの雑草が生い茂っていて気になる方は、草刈りをしてきれいにすることをおすすめします。

休耕畑の雑草はそのままにしないほうがよい

休耕畑の雑草はそのままにしないほうがよい

休耕期に突入した畑の雑草は、そのまま放置しておくことは避けましょう。なぜなら雑草は成長しきってしまうと、畑に種を落として、再び雑草が生えてきてしまうからです。雑草がたくさん生い茂ると、育てている作物にも影響が出てきてしまうため、すぐに除去するようにしましょう。

また、雑草を長く放置してしまうことによって、害虫や臭いが発生してしまうなどの環境被害を起こすこともあります。とくに雑草のなかには、アレルギーを引き超す種類も存在するのです。そのため、住宅街など子どもが多い地域に住んでいる方は、近所迷惑やトラブルを引きこさないためにも、早急に刈り取ることが大事です。

休耕畑の草刈り時期

休耕期の畑の草刈りをする時期は、基本的に春、夏、秋ごろの1年を通じて2~3回程度を目安におこなうのが望ましいでしょう。畑の草刈りをおこなう際は、1~2ヶ月に1回するなどとルールを決めてやるとよいです。そうすることで、畑の草刈りを手作業でおこなうこともなく、トラクターや草刈り機で作業ができるので非常に楽になるでしょう。

畑に生える雑草の種類

畑に生える雑草の種類には、以下のような種類があります。ひとつずつ確認していきましょう。まずはイネ科の雑草を紹介します。

・メヒシバ 生長期間:5~10月
メヒシバは春に発生する代表的な雑草で、日当たりのよい場所で繁殖する特徴があります。

・オヒシバ 生長期間:4~10月
オヒシバもメヒシバ同様に、春の雑草として代表的な種類です。畑だけでなく道端などでも生育します。

・スズメノカタビラ 生長期間:10~7月
スズメノカタビラは、畑や道端などさまざまな場所に生息している雑草です。繁殖力が強いため、駆除することがむずかしい雑草のひとつです。

・カヤツリグサ科・トクサ科
カヤツリグサ 生長期間:4~10月

カヤツリグサは畑や道端で生息することが多い雑草です。繁殖力が非常に強く、雑草のなかでもトップクラスといわれています。

・ショクヨウガヤツリ 生長期間:4~11月
畑だけでなく、水田などでも生息している雑草です。

続いて、キク科の雑草になります。

・セイヨウタンポポ 生長期間:通年
セイヨウタタンポポは、畑だけにとどまらず、庭や空き巣などでも成長します。とくにタンポポの綿毛が根付いてしまうと、根が地中深くまで伸びることがあるため、駆除が困難になるでしょう。

・セイタカアワダチソウ 生長期間:4~11月
セイタカアワダチソウは背丈が高く、大きな群落を形成するのが特徴です。地下茎を横に広げて繁殖するため、駆除がむずかしい雑草の1種類です。

・ブタクサ 生長期間:4~9月
ブタクサは細い切れ込みが入った葉と、荒い毛が葉全体に生えているのが特徴です。ブタクサは花粉を風に乗せて繁殖するため、花粉シーズン前に除去することが大事です。

休耕している畑の雑草対策で困っていませんか?

休耕している畑が雑草で生い茂っていると、隣の畑にまで拡大してしまい、近隣住民に迷惑をかけることもあるでしょう。そうならないためにも、畑の草刈りは定期的におこなっておく必要があります。

弊社では全国のさまざまな業者と連携して、ご依頼者に代わって草刈りのプロが作業をおこなってくれます。24時間365日いつでも電話対応をおこなっているため、まずはお気軽にお問い合わせください。

畑の草刈りは草刈り機でおこなう

これまで、休眠期間における畑の草刈りについて見てきました。草刈りをおこなう際は、基本的に草刈り機で作業をすると楽にすることができます。ここでは草刈り機の使い方や注意点、楽におこなうコツなどをご紹介していきます。

畑での草刈り機の使い方

畑での草刈り機の使い方

畑で草刈りを使うときは、草刈り機は基本的に右から左に動かすように使用するとよいです。なぜなら、右から左に動かして草を刈ることによって、草刈り機の刃が雑草の根元部分に当たり、雑草をしっかりと刈り込むことができるからです。

また、畑の草刈りをする時間をできるだけ最小限に抑えるためには、一筆書きをするように刈っていくとよいでしょう。一筆書きで草刈りをおこなうことで、作業速度が上がります。

草刈り機の使用で気をつけること

草刈り機を使用するときには、以下のような点に気をつけて作業をおこないましょう。

・騒音
畑の草刈りをおこなう際は、作業音がうるさく感じる場合があります。そのため、作業をおこなう時間帯には気を払いましょう。

・飛び石
草刈りで雑草を刈っていると、小石などを巻き込んで飛び跳ねてしまうことがあります。飛び石によってケガをしてしまったり、車のガラスが割れてしまったりしてしまうおそれもあるでしょう。飛び石の対策としては、小石などが飛んでしまいそうな場所には段ボールなどでカバーしておくことをおすすめします。

・キックバック
キックバックとは、草刈り機の刃が、障害物や地面にぶつかることで起こる跳ね返りのことです。とくに草刈り機の操作にあまり慣れていない方がおこなうときは注意が必要です。

もし不安な方は、経験のある方は、もしくは業者に依頼して作業をおこなってもらうとよいでしょう。

どんな草刈り機を選べばよい?

草刈り機はおもに動力・刃・ハンドル・背負い方といった4種類に分けることができます。草刈り機を選ぶ際に重要となってくるポイントは使う場所です。

たとえば、比較的小規模な畑なら、手動の草刈り機でも構わないでしょう。しかし、範囲が広いのなら大型の電動草刈り機のほうがおすすめです。電源をとれない場所で使用するなら、充電式を選ぶとよいでしょう。

このように、刈ろうとしている畑の広さや雑草の高さに応じて、適切な芝刈り機を選択することが大切です。

小さな畑なら手作業でもできる

畑の面積が小さい場合は、手作業でも雑草を除去することができます。ここでは手作業で畑の草刈りをおこなうときのおもな道具についてご紹介していきます。

・ネジリ鎌
ネジリ鎌は草取りにおいて必須のアイテムです。ネジリ鎌は、雑草を根元から引き抜いたり、根を掘り起こすことができます。

・ノコギリ鎌
ノコギリ鎌は、多くの雑草を一気に刈り取ることができる道具です。ノコギリ鎌を使うときには、ケガをしないように必ず厚手の手袋を着用しましょう。

・剪定用ハサミ
剪定バサミは、細かい部分の草刈りをする際に役に立ちます。雑草のほかにも小さい枝であれば除去することができるため、ひとつは用意しておくとよいかもしれません。

・熊手
熊手はおもに、刈った草をかき集めるときに使用します。刈り取った草を手作業で集めることが面倒に感じる方は、準備しておくとよいでしょう。

・鍬(くわ)
鍬は、草取りをおこなった後に、雑草の根を処理するために使われる道具です。

草刈りをラクにおこなうコツ

畑の草刈りを楽におこなうには、大きく成長してしまった雑草を一気に刈り取るのではなく、こまめに草刈りをするとよいでしょう。小さな草であるほど、引き抜きやすく作業をしやすいのです。

また仕事や家事などで、頻繁に作業をする時間がとれない方は、除草剤を撒いてみてもよいでしょう。しかし除草剤は薬剤なので、住宅街や子どもが多い地域に住んでいる方は、できるだけ使用は避けた方がよいかもしれません。

草刈りの悩み、お聞かせください!

「畑が広い面積だから草刈りが大変…」「畑の草刈りをやった後の雑草処分がわからない…」など、さまざまな悩みを抱えている方もいるでしょう。とくに初めて畑の草刈りをする方にとっては、畑をきちんときれいにできるか不安に思っている方もいるはずです。

そんな方はぜひ、弊社を利用してみてください。弊社は全国さまざまな業者と連携して、お客様に合った業者を紹介しています。草刈りのプロがすぐに現地に駆けつけて作業をおこなうことができます。畑の草刈りにお悩みの方は、ぜひお電話をしてみてはいかがでしょうか。

集めた雑草の処理方法!肥料にする?

ここからは、畑の草刈りで集めた雑草の処理方法についてご説明してきます。また合わせて、畑に生い茂る雑草対策や予防方法などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

刈った後の雑草の処分方法

刈った後の雑草の処分方法

畑の雑草の処分として、以下のような方法が挙げられます。ひとつずつ確認していきましょう。

・そのまま燃えるゴミに出す
刈り取った雑草は燃えるゴミとして出すことができます。しかし、雑草の量が多く、かさばって思うように袋詰めできないことがあるでしょう。その場合は、天日干しをしていったん乾燥させましょう。雑草に含まれる水分が蒸発することで、より捨てやすくすることができます。

・燃やす
刈った草は燃やすことで、処理する方法があります。しかし地域によっては、雑草を燃やして処理することが禁止されているところもあるため、事前に住んでいる市のホームページや窓口などで確認しておくとようにしましょう。

・乾燥させて土に埋める
刈り取った雑草は、乾燥させて土に埋めることで堆肥の役割を果たしてくれます。雑草は土に埋めることで、肥料になり樹木の栄養になるため環境にもよいでしょう。堆肥を作る方法は次で詳しく解説していきます。

雑草で堆肥を作りたい!~作り方~

堆肥とは、土自体を植物が育ちやすい環境に改良することをいいます。堆肥を作るうえで必要なものや、具体的な手順は以下のとおりです。ひとつずつ確認していきましょう。

〇必要なもの
・落ち葉や雑草
・米ぬか
・畑の土

〇手順
1.まず落ち葉や雑草、米ぬかを混ぜていきましょう
2.水をかけながら、足でしっかり踏んでいきます。このときに、植物の根っこなどが入っていたら事前に取り除いておくとよいでしょう。
3.畑の土を10cmほどかぶせます。
4.1ヶ月ほどを目安に堆肥の下からかき混ぜて、空気を入れておきましょう。(堆肥が出来上がるまでにはカビのようなにおいが発生します。)
5.順調にいけば半年ほどで堆肥が完成します。カビのにおいが取れるのを目安に、できたかどうかを判断するとよいでしょう。

畑の雑草対策は何がある?

畑の雑草対策には、除草剤を撒くことやマルチングをおこなうことが挙げられます。除草剤にはおもに2種類あり、それぞれ「茎葉処理型」と「土壌処理型」とよばれています。茎葉処理型は、現在生えている雑草に直接かけるタイプで、土壌処理型は、事前に土にかけることで雑草が生えてくるのを予防するタイプです。

しかし除草剤は、薬剤のため、使用することに少し抵抗を持つ方もいるでしょう。除草剤を使用せずに、雑草対策をおこないたい場合は、マルチングという方法を試してみましょう。

マルチングとは、畑などの作物をビニールや腐葉土で覆うことをいいます。マルチングをおこなうことで、雑草が生えにくくなるだけでなく、土が乾燥するのを防止したり、作物が腐るのを防いでくれます。このようにマルチングは、植物が育ちやすい環境を作ることもできるため、雑草対策として実践してみてはいかがでしょうか。

畑の草刈りから予防対策まですべておまかせください

畑の草刈りや雑草対策をしたいとお考えの方は、まずは業者に相談してみることをおすすめします。畑の草刈りの料金は1㎡当たり税込180円からおこなうことができます。仕事や家事などで忙しく、まとまった草刈りの時間がとれない方は、ぜひ業者に依頼してみるとよいでしょう。

弊社では24時間365日いつでも電話対応をおこなっております。全国各地のさまざま草刈り業者と連携しているため、お客様に合った業者をすぐに手配いたします。まずはお気軽一度お電話をしてみてはいかがでしょうか。

【場所別の雑草対策に関する記事はこちら】

厄介な水田雑草は、深水管理や水稲用除草剤などでスパッと防除しよう
空き地の雑草対策は義務|理由と放置のリスクをわかりやすく解説
畑の雑草処理│正しい草とり方法は抜かないこと?雑草の対策まとめ
草刈り斜面|作業のコツと草刈りの使い方・業者に依頼するメリット
お墓の草むしり|準備~処分の流れ!手軽・本格的にできる6つの対策
空き地も草刈りは必要?所有者は要注意!トラブルは回避しよう
アスファルトの雑草を放置してはいけない!効果的な除草方法と予防策
駐車場の除草問題をムリなく解決する方法|手作業・草刈り機・除草剤
【グラウンドの除草】やっぱり除草剤?塩で対策?効果的な雑草対策!
家の周りの雑草なんとかしたい!正しい駆除方法・予防策を教えます

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業