防草シートの施工費用を解説|自分でやる手順や注意点&長持ちさせるためのコツ

防草シートの施工費用 安くするために自分でやるのはあり?

面倒な庭の雑草の手入れを何とかしたくて、防草シートを張ろうと考える方は多いでしょう。
ただ実際にやるとなると、費用が気になるところですよね。

結論からいきましょう。
業者に依頼したときの防草シートの施工費用は、以下のようになります。

【防草シートの施工費用】
  • 3,340円

※1平方メートルあたり
※当サイト調べ(防草シート費用:6商品、作業費用:10業者を対象に算出した平均)

しかし実際には、さまざまな要素によって費用は変動します。
そのため具体的に防草シートの施工費用がいくらになるのか知りたいなら、業者に見積りを依頼するようにしましょう。

草刈り110番では防草シートの施工に対応していて、現地調査込みの見積りが無料です。
ご相談自体も無料となっているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

防草シートの施工費用はいくら?詳しく知りたいなら見積りを!

防草シートの施工費用は、冒頭でもご紹介したように目安が以下のようになっています。

【防草シートの施工費用】
  • 3,340円

※1平方メートルあたり
※当サイト調べ(防草シート費用:全6商品、作業費用:全10業者を対象に算出した平均)

ただこれは、あくまでも目安です。
実際には、防草シートの種類や具体的な作業内容によって大きく変動します。

そこで、防草シートの種類ごとの単価や作業費用がどれくらいなのか確認してみましょう。

防草シートの種類ごとの単価

防草シートは、地面に敷くだけで雑草の成長を妨げることのできる、とても便利なアイテムです。
なお雑草対策という基本的な効果は同じですが、防草シートにはさまざまな種類があり、単価も違うのです。

防草シートの種類は、基本的には織布タイプと不織布タイプにわけられます。
それぞれの単価を特徴とあわせて以下にまとめましたので、確認してみましょう。

種類 費用(1平方メートルあたり)
織布(しょくふ)タイプ 126円
不織布(ふしょくふ)タイプ 430円

※当サイト調べ(6商品を対象に算出した平均)

【織布タイプの特徴】

▽KaraL 防草シート 雑草防止シート 1X10M 除草シート 園芸 家庭菜園 農業用 Uピン杭 黒丸付

■メリット
安価なので広範囲に張りたい場合に最適

■デメリット
繊維を織って作られているため穴があくとそこからほつれやすい
固い雑草だと突き破ってしまうことがある

■耐久性(耐用年数)
5年~8年程度

【不織布タイプの特徴】

▽除草シート 防草シート 雑草シート 固定ピン100本付き 紫外線劣化防止 不織布 厚手 高透水 耐久性5年 1m×50m メーカー保証付き

■メリット
繊維を織らずに作られているため穴があいたりほつれたりする心配が少ない
固い雑草でも突き破られる心配が少ない
砂利下に敷ける

■デメリット
織布タイプよりも費用が高い

■耐久性(耐用年数)
10年程度

このように、防草シートはその種類によって単価が変わるのです。

なお、織布タイプと不織布タイプの中でも、細かく見ると他に高密度のものや紫外線に強いものなど、高機能タイプのものもあります。
そんな高機能タイプになると、単価も約650円~(1平方メートルあたり)と高くなります。
また、駐車場専用の防草シートもあり、約5,000円~(1平方メートルあたり)とさらに高額になるものもあるのです。

作業費用

実際に防草シートを張る際は、単に敷くという作業で済むわけではありません。
大きく、以下のような作業内容を伴います。

【防草シートの施工の作業内容】
  • 草刈り作業
  • 整地作業
  • 防草シートの張り付け
  • 砂利敷き

そしてそんな作業内容の気になる費用は、3,062円(1平方メートルあたり)です。
※当サイト調べ(10業者を対象に算出した平均)

しかしそもそも更地で整地などが不要だったり、逆にあまりにも雑草が多かったりすると、当然作業内容は変わってきます。
整地の作業が不要ならその分費用が安くなりますし、雑草が多いなら除草作業の費用が高くなるのです

費用は変動する→詳しくは見積りを依頼しよう

ここまで、防草シートの施工費用について見てきました。
ただ結局、具体的な費用はケースバイケースです。

そのため、実際に防草シートの施工費用がいくらになるのか知りたいなら、まずは業者に見積りを依頼しましょう。
なおその際には、草刈り110番のご利用がおすすめです。

草刈り110番では、現地調査をして見積りを提示するので、実際に施工するときの本当の費用を知ることができます
また現地調査をおこなうことで、適した防草シートの種類を知れたり、砂利の種類など細かな希望を伝えたりすることもできます

そしてそんな草刈り110番の見積りはもちろん無料で、以下のボタンから電話1本でご依頼が可能です。
防草シートの施工費用をすぐにでも知りたい方は、ぜひ草刈り110番をご利用ください。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【DIY】自分でやる方法と注意点

業者に依頼すると費用がかかるため、中には自分で防草シートの施工を考える方も多いかもしれませんね。
そこでここでは、実際に自分でおこなう方法をご紹介していきます。

ただ先にお伝えしておくと、自分で防草シートを張ることにはいくつか注意点があります。
それが自分で適した防草シートを選ぶのが難しいことと、施工の正しい方法を知っていても失敗するリスクがあることです。

そのため結論からいうと、しっかりとした防草シートの施工にしたいなら、やはり業者へ依頼することがおすすめです。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

手順

自分で防草シートを張る場合の方法を、手順ごとにご紹介します。

➀防草シートを張りたい場所の雑草を除去する

まずは、防草シートの張りたい場所をきれいにするためにも除草をおこないます。
雑草を自力で引き抜いても除草剤を使用しても、どちらでおこなっても大丈夫です。
ただし、根ごと取り除くようにしてください。
根が残っていると、防草シートを張って日光を遮断しても、雑草が生えてきてしまうことがあります。

➁整地する

除草ができたら、次は整地をおこないます。
防草シートを張りやすいように、地面をならしてデコボコのないたいらな状態にします。
なお、小石やゴミがあると日光が入り込む隙間ができるおそれがあるため、これらはしっかり取り除いてください。

➂防草シートを張る

地面の下準備ができたら、防草シートを張りたい場所に仮で配置してみます。
複数枚の防草シートを使用するなら、つなぎ目が10センチほど重なるように調整してください。

➃防草シートを張る場所に適した形状に切る

防草シートと敷きたい場所のサイズがピッタリということはなかなかありません。
そのため配置した場所にフィットするように、防草シートを切って形状をあわせてください。

➄止めピンで固定する

しっかりと予定していたように防草シートが配置できたら、専用の止めピンで固定します。
使用する防草シートにもよりますが、0.5メートル間隔で止めピンで固定するとうまくいくことが多いです。
心配な方は、防草シートにあらかじめ止めピンで固定する場所の目印を書いておくとよいでしょう。

⑥砂利を敷く

防草シートの上に砂利を敷く場合は、約3センチ~5センチの深さになるようにします。
砂利は好みの種類のもので問題ありません。

必要なもの・あると便利なもの

自分で防草シートを張る方法は以上になります。
なお、施工するうえで必要なものやあると便利なものを以下にまとめましたので、自分でおこなうという方は参考にしてみてください。

【必要なもの・あると便利なもの】
  • 防草シート
  • 止めピン
  • はさみ
  • スコップ
  • 金槌
  • メジャー
  • 軍手
  • 専用の接着剤やテープ

注意点➀防草シートの種類選び

防草シートの施工を自分でおこなう場合には、その種類選びに注意が必要となります。
というのも、防草シートには状況ごとに適した種類がさまざまあり、慣れていないと自分で選ぶのが難しいのです。

シチュエーション おすすめ防草シート
固い雑草が生えてくる場所で使用したい! 高密度で作られた防草シート
砂利を上に敷かずにむき出しで使用したい! 紫外線に強く対候性のある防草シート
砂利下や駐車場で使用したい!
人や車が乗ったり通ったりする場所で使用したい!
厚みがありポリプロピレンで作られた耐久性の高い防草シート
広範囲で使用したい! 安価な織布タイプの防草シート
雑草が成長する原因になる日光の当たりやすい場所で使用したい! 黒色で作られているなどの遮光性の高い防草シート
あまざらしになりやすい場所で使用したい! 水はけのよい防草シート

上記はあくまで一例ですが、複数のシチュエーションに対応したいなら、また違った防草シートを選ぶ必要も出てきます。

そんな中実際の状況に適さない防草シートを選んでしまうと、

  • 雑草効果を得られない
  • 防草シートがすぐダメになってしまう
  • やり直さなければならず労力が倍かかる

なんてことになるリスクもあるのです。

注意点➁作業がとても大変で失敗のリスクがある

先ほど手順をご紹介したように、防草シートの施工は単に地面に敷くだけでなく、さまざまな作業を必要とします。
そのため、そもそも自分でおこなうことはとても大変です。
とくに広範囲に防草シートを張る場合には、とても自分だけで済ませることは難しいでしょう。

また、防草シートを張って雑草対策を成功させるには、下準備の除草が大切になるのですが、これも自分でやるとなると完璧にできないことが考えられます。
そのため、せっかく大変な思いをして防草シートを張っても、雑草が生えてきて失敗に終わってしまうこともあるのです。

効果的な防草シートの施工にしたいなら業者に依頼しよう

防草シートの施工は、自分でおこなうこと自体は可能です。
しかし、防草シートの種類選びは難しく、またそもそも作業が大変で正しくおこなっても失敗してしまうリスクもあります

そのため、きちんと効果的な防草シートの施工にしたいなら、やはり業者に依頼することがおすすめです。
中でも草刈り110番では、防草シートの施工はもちろん、大切な作業となる除草もしっかり対応できます
また、除草の費用も1平方メートルあたり180円(税込)~ととてもリーズナブルです。

防草シートを張ろうと考えているなら、草刈り110番でお得にしっかり効果のある施工にしましょう。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

砂利だけでは除草対策にならない!防草シートの意味をきちんと知ろう!

先ほどご紹介した自分で防草シートを張る方法に少し関係のあることになりますが、中には雑草対策として砂利だけを敷こうと考えている方もいるのではないでしょうか。
たしかに、なんとなく砂利を敷けば雑草は生えてこないように感じますよね。

しかし、残念ながら雑草対策にはなりません
ここではその理由と、今一度防草シートを張ることの意味を確認しておきましょう。

砂利が地面に埋まって隙間から雑草が生えてくる

砂利が地面に埋まって隙間から雑草が生えてくる

砂利を敷いただけだと雑草対策にならない理由としては、以下の2点があげられます。

【砂利を敷いただけでは雑草対策にならない理由】
  • 砂利が地面に埋まる
  • 隙間から雑草が生えてくる

砂利を地面に直接敷くと、だんだん埋まっていってしまいます。
そうなると、当然砂利と砂利の間には隙間ができることが考えられますよね。

その結果、雑草の種子が飛んできたときに、地面に根付いてしまうのです。
そして、隙間から日光が入り込んで、雑草が成長して生えてきてしまうというわけです。

防草シートを張ることで期待できる効果

一方、防草シートを張ることで、以下のような効果が期待できます。

【防草シートを張る効果】
  • 地面に雑草の種子が根付くことを妨げられる
  • 日光を遮断できる

つまり、そもそも雑草が根付かないようにできて、かつ雑草の好む環境にしないようにできるという、砂利を敷くだけのデメリットを克服できるのです。
そのため、雑草対策をしたいなら、防草シートを張るようにしましょう。

なお、砂利を敷くことで雑草対策の効果は期待できませんが、防草シートの見た目の改善や、踏むと音が出ることから防犯にはなります
そのため、一緒に敷くという方法はおすすめです。

防草シートを長く使うために知っておきたいこと

防草シートは、種類や環境などにもよりますが、しっかりメンテナンスをして丁寧に使用すれば約5年~10年は持ちます。
しかし、扱い方が悪いとすぐボロボロになってしまうことも…。
そのため、防草シートを敷くなら、施工後の長く使うためのコツも知っておきましょう。

コツ➀砂利層に生えた雑草を除去する

基本的に防草シートが張ってある場所では、外から飛んでくる雑草の種子が地面に根付くことはほぼありません。
しかし、防草シートの上に砂利層があるなら話は別です。

なぜなら、飛んできた種子が砂利にくっつき、そこから雑草が生えてきてしまうことがあるためです。
そのため、防草シートの上の砂利層に雑草が生えているのを発見したら、すぐに除去するようにしましょう。

コツ➁防草シートのめくれはすぐ補修

雨風や強風にさらされると、せっかく張った防草シートがめくれ上がってしまうことがあります。
ただ、この状態を放置していると、めくれ上がった場所から雑草が生えてきてしまうことも。

そのため、すぐに補修をするようにしましょう。
止めピンをより固定する力の強いものに交換したり、数を増やしたりするなどで対応するようにしてください。

コツ➂防草シートの破れはすぐ補修

防草シートの上で人や車が乗ったり動いたり、また防草シートに何か物を引っかけたりすると、穴があいてしまうことがあります。
このように穴があいていると、そこから雑草が生えてきてしまうおそれがあるので、早めに塞ぐようにしてください。

破損の度合いが小さいようであれば、粘着テープなどで補修できます。
ただ、補修できないほど破損の度合いが大きいこともあるでしょう。

その場合は、新しい防草シートを破損した場所より大きめに切り取り、上から重ねて穴をふさぐのがおすすめです。
なお、重ねたシートを止めピンで固定するのは忘れないようにしてくださいね。

10年後の防草シートはどうなる?

防草シートの多くは、最大でも10年程度の耐用年数となっています。
そのため、10年以上防草シートを敷き続けていると、たとえ丁寧にメンテナンスをおこなってきたとしても、ほころびが見えはじめるでしょう。

防草シートの種類にもよりますが、織り込まれている糸がさけて、そこから雑草が生えてきてしまうこともあります。
また、防草シートの柔軟性がなくなり、ちょっとした衝撃で破れてしまうこともあります。

そのため、耐用年数をまっとうして耐久性が落ちてきたら、撤去して新しい防草シートに張り替えるようにしましょう。

まとめ|防草シートの施工は草刈り110番へ

防草シートの施工費用は、一概に〇〇〇円ですとはいえず、さまざまな要素によって変動します。
そのため、具体的な費用が知りたいなら、まずは業者に見積りを依頼するようにしましょう。

なお、自分で防草シートを張ることで費用を抑えようと考える方もいるかもしれませんが、これだと十分に雑草対策の効果が得られなかったり失敗したりすることもあります。
そのため、しっかりと効果のある防草シートの施工を考えているなら、費用を知るためにもまずは業者に相談するようにしましょう。

その際には、ぜひ草刈り110番をご利用ください。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業